2017年10月1日日曜日

新型信号灯器各社動向

コイト電工
フラット型を継承して小型化。一見低コスト型には見えないのが特徴的。
しかし、フードレスで誤認防止化も可能。優秀な逸品だ。

日本信号
ステンレス(SUS430)を唯一採用しており、耐候性を強みにした低コスト型。
こちらはフード追加可能でカプセルフードにも対応。当然フードレスも対応。

信号電材(京三製作所他)
三日月型の曲面フォルムを採用し、レンズも球体ではないのが特徴的。
誤認防止機能や光の漏れがなく光学的な点では優れている。